昔書いた三題噺

diary

ほろびゆく珊瑚礁を背にセフィアは考えた。このままでは種族は滅んでしまうだろう。
海の水は汚れ死んだ魚が浮かんでいる。あんなに色とりどりの珊瑚で埋め尽くされていた海の楽園は、とうに灰色で染まってしまった。セフィアの水色の尾は汚れ、鱗も光を失っている。
海面から顔を出した彼女は、空に浮かんだ飛行機雲を眺めた。海を離れた遠い世界には、私たちの知らない世界が広がっているという。そこに住む人々は機械を操り、科学を支配し、何もかもを思い通りに操っているという。誰もが丸い硝子を顔に装着し、慌ただしく生活しているらしい。8本の足を持つ大ばば様がおっしゃっていた。その世界では、人の生き死にも思いのままなんだとか。

「セフィアさん、お客様ですよ」
店番のキルが海面から顔を出した。少し不機嫌な顔をしてセフィアが応える。
「材料がないから無理。珊瑚はみんな死んじゃったし、真珠も何もかも黒く濁ってる。作ってほしけりゃ、材料を持ってこいって言ってきて。まぁ無理だろうけど」
小首をかしげキルが言う。
「それが持って来てらっしゃいます。しかもお客様、見た事のない姿なんですよ」

お客は見た事もない姿をしていた。いや正確に言えば、遠くから眺めた事なら2、3度ある。全身黒ずくめのぴったりとしたスーツ。大きなボンベを背中に乗せたお客のひれは、体の真ん中から2つに分かれていた。
「めずらしいヒレをお持ちですね」
「ははっ、これは足と言うんですよ」
お客の口から泡がこぼれた。
「世にも見事な装飾を作られると聞いて、はるばる遠方からやって参りました。若と申します。装飾品の作成をお願いしたい」
そういってお客は小さな箱を取り出した。中に入っていたのは、赤く大きな水晶と小粒の金、そして淡い桃色の小さな珊瑚だった。
「今は—作れない。とてもそんな気になれないわ」
「どうしてですか?」
「見ればわかるでしょ、この海。すっごく汚くなっちゃって…このままだと私たち死んじゃうわ」
セフィアは水色の尾を揺らし項垂れた。キルはそっぽを向き、黒く汚れた自身の鱗をなでた。
「どうしてこんなことになったんでしょうね、ソフィアさん。昔はきれいな海だったのに…」
お客は何も言わずに下を向いていたが、おもむろに口を開いた。
「しかし、困る。私の花嫁は世界一わがままな女性なのです。名はかぐやと言って、世界一きらびやかな髪飾りを差し出せという。差し出せなければ、私と結婚しないと言うのです。お願いです、この宝石たちを使って、髪飾りを作ってください」
「そんな馬鹿な娘、やめとけば?」
「お礼ならいくらでも出します。お願いです」
「そうね…私たちの海をきれいにしてくれるっていうなら、考えるけど」

数日後、お客は見た事もない大きな船にのり、見た事もない大きな銀色に光る機械を持って来た。
「これは転移装置です。これであなた方はきれいな海に住めるようになるでしょう」
「転移装置…?よくわかんないけど、海を浄化する機械なの?」
セフィアはお客を眺め、一つの考えにいたった。そうか、この客人は遠い世界から来た人なのか。とすれば、もしかしたら海をきれいにすることも可能かもしれない。
「いいですか、機械を発動させますよ。あ、ぽちっとな」
—ぽぽぽぽーん!—
奇妙な音と共に、周囲の景色が一変した。美しいビビッド色の珊瑚礁、澄んだ海。
喜んだソフィアは材料を髪飾りに作り替え、クジラの宅配便に頼んでお客まで配達してもらった。
本当は、何も根本的な解決になってないことを知らずに。

「きれいな海ですね、ソフィアさん!」
「そうね、ところで私の店はどこにいったのかしら?」